satohitomiの日記

日々のお茶日記

心霊スポット

シンクロ二シティの前の記事を書きながら、思い出した事を綴ります。

怖いの苦手な方は読まないでください。

 

あれは、高校生の夏でした。近所のコンビニでバイトを始めて、両親から夜の外出も近所ならいいと言われて、友達と遊んでいた日々。

地元の男の子に呼び出しされ、みんなで集まり、近所の心霊スポットに行く事に。

そこは、行き止まりのトンネルで、バイパスの下の道でした。

まぁ、何事もなく、トンネルには赤いスプレーで鈴木明美死すと書かれてました。

衝撃で忘れられません。怖かった。

 

季節は変わり、コンビニでバイトしていた日。

知的障害者の男性が来店して、牛乳を手にしてました。近くに施設があるようで、たまにいらしてたようです。

レジに居た私に、牛乳ではなく、ぼろぼろの生徒手帳を出してきました。

今でもどこの高校か覚えてます。

県内な私立高校でした。名前は伏せます。

生徒手帳を出し、男性は知りませんか?探してますと。私は速攻で知らないと答えました。

だって、私の通っていた学校ではないし、本当に知らないから。

 

けど、ん?ん。

名前、鈴木明美だったなぁって。

 

地元の男友達に話したけど、知らないし。

怖かった。

思い出した怖い話。